フリー走行2:C.コルテセが今季2度目初日1番時計

Friday, 17 August 2012

ポイントリーダーのコルテセが、シルバーストーン以来となる今季2度目の初日総合1番手に進出。フリー走行1を制したケントが2番手。オリベイラ、ビニャーレス、サロンが続き、藤井は2度連続して最後尾の33番手だった。

第11戦インディアナポリスGPのフリー走行2は17日、インディアナポリス・モーター・スピードウェイで行われ、サンドロ・コルテセがトップタイムをマーク。初日を制した。

気温24度。路面温度39度のドライコンディションの中、フリー走行1で5番手だったコルテセは、1分49秒台を最多の3回記録して、1分49秒307の1番時計。第6戦イギリスGP以来、今季2度目の初日総合1番手に進出。

フリー走行1を制したダニー・ケントは、1分49秒台を2回記録。0.126秒差の2番手に入れば、4番手だったミゲール・オリベイラは、1分49秒台を2回記録。0.289秒差の3番手に浮上した。

午前のセッションで最速リズムを刻んだ6番手のマーベリック・ビニャーレスは、1分50秒台を最多の4回、1分49秒台を2回記録。0.387秒差の4番手に浮上し、ルイス・サロン、アレックス・リンス、ジョナス・フォルガー、エクトル・ファウベル、ルイス・ロッシ、アドリアン・マルティンがトップ10入り。

フリー走行1で2番手に進出したジャック・ミラーは、2.461秒差の21番手。

フリー走行1で最下位だった藤井謙汰は、2度のコースインで最多の19ラップを走行して、4.854秒差の33番手。初日は連続して最後尾だった。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising