フリー走行1:P.エスパルガロが5戦連続の1番時計発進

Moto2™ is powered by
Friday, 17 August 2012

ランク2位のエスパルガロが5戦連続6度目の1番時計発進を決めれば、ポイントリーダーのマルケスが最速リズムでコンマ2秒差の2番手。ランク3位のイアンノーネは1.3秒差の3番手。ラバット、コルティが続き、ルティは7番手。中上と高橋は13番手と18番手だった。

第11戦インディアナポリスGPのフリー走行1は17日、インディアナポリス・モーター・スピードウェイで行われ、ポル・エスパルガロがトップタイムをマークした。

気温23度。路面温度30度のドライコンディションの中、ランク2位のエスパルガロは、1分45秒台を1回記録した後、最終ラップに1分44秒239秒を刻み、5戦連続して最初のセッションを制した。

ポイントリーダーのマルク・マルケスは、1分45秒台を4回、1分44秒台を1回記録。最速リズムを刻み、0.298秒差の2番手に進出。

ランク3位のアンドレア・イアンノーネは、1分45秒台を1回記録して、1.341秒差の3番手。ランク10位のエステベ・ラバットは、1分45秒台を4回記録して、1.543秒差の4番手。ランク8位のクラウディオ・コルティは、1分46秒台を3回記録。ドミニケ・エジャーター、トーマス・ルティ、ニコラス・テロール、スコット・レディング、フリアン・シモンがトップ10入り。

ランク14位の中上貴晶は、1分47秒台を2回、1分46秒台を1回記録して、2.528秒差の13番手。

サマーブレーク中に鈴鹿8時間耐久レースで2位を獲得した高橋裕紀は、1分47秒台を2回記録して、2.902秒差の18番手だった。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising