フリー走行3:P.エスパルガロ、今季4度目の1番時計3連発

Moto2™ is powered by
Saturday, 18 August 2012

初日連続してセッションを制したエスパルガロが、シルバーストーン、アッセン、ザクセンリンクに続き、4度目のハットトリックを達成。フリープラクティスを完全にリードすると、初日4番手のレディングが2番手に浮上。マルケスは3番手に後退したが、コンマ1秒以内に位置。初日15番手の中上がコンマ6秒差の4番手にジャンプアップ。高橋は18番手だった。

第11戦インディアナポリスGPのフリー走行3は18日、インディアナポリス・モーター・スピードウェイで行われ、ポル・エスパルガロがトップタイムをマーク。3度のフリー走行を制した。

気温22度。路面温度26度のドライコンディションの中、初日2度のセッションを制したエスパルガロは、1分43秒台を5回記録。1分43秒400の1番時計を刻み、4戦連続5度目となるフリー走行総合を制した。

初日総合4番手のスコット・レディングは、1分43秒台を4回記録して、0.059秒差の2番手に浮上。

初日2度のセッションで連続して2番手だったマルク・マルケスは、1分43秒台を最多の6回記録して、0.094秒差の3番手。

初日総合15番手の中上貴晶は、1分44秒台を3回記録して、0.664秒差の4番手に浮上。

初日総合11番手のミカ・カリオは、1分44秒台を6回記録。0.666秒差の5番手に入り、アンドレア・イアンノーネ、ヨハン・ザルコ、クラウディオ・コルティ、エステベ・ラバット、シモーネ・コルシがトップ10入り。

初日総合5番手のニコラス・テロールは、1.042秒差の11番手。

初日総合24番手の高橋裕紀は、1分45秒台を2回、1分44秒台を1回記録。1.594秒差の18番手だった。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising