フリー走行3:S.コルテセが2連続の1番時計

Saturday, 18 August 2012

フリー走行2を制して初日総合トップに立ったコルテセが連続の1番時計を記録。ケントが2番手を維持すれば、ビニャーレスは3番手。リンスとファウベルがスリップを利用して、トップ5に進出。初日連続の最後尾だった藤井が28番手まで浮上した。

第11戦インディアナポリスGPのフリー走行3は18日、インディアナポリス・モーター・スピードウェイで行われ、サンドロ・コルテセがトップタイムをマーク。3度のフリー走行を制した。

気温15度。路面温度16度のドライコンディションの中、フリー走行2を制して初日総合トップに立ったコルテセは、1分49秒台を1回、1分48秒台を1回記録。1分48秒514の1番時計を刻み、第6戦イギリスGP以来、今季2度となるフリープラクティスを制した。

フリー走行1で1番手、フリー走行2で2番手に進出したダニー・ケントは、1分49秒台を4回、1分48秒台を1回記録して、0.358秒差の2番手を維持。

初日総合4番手のマーベリック・ビニャーレスは、1分49秒台を最多の6回、1分48秒台を1回記録して、0.450秒差の3番手に浮上。

初日に新人勢の最高位となる総合6番手に進出したアレックス・リンスは、1分49秒台を2回記録。0.527秒差の4番手に進出すれば、総合8番手のエクトル・ファウベルは、1分49秒台を2回記録。0.710秒差の5番手に入り、総合7番手のジョナス・フォルガーは、単独走行で1分49秒台を4回記録。ミゲール・オリベイラ、ロマーノ・フェナティ、ヤコブ・コーンフェール、アルベルト・モンカヨがトップ10入り。

初日総合5番手のルイス・サロンは、初日のタイムを更新できずに13番手に後退。

初日連続して33番手だった藤井謙汰は、1分52秒台を3回記録。3.864秒差の28番手にジャンプアップした。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising