フリー走行3:C.ストーナーが今季3度目のフリー走行総合1番手

Saturday, 18 August 2012

初日総合5番手のストーナーが最速リズムを刻み、週末2度目の1番時計を記録。ルマン、シルバーストーンに続き、今季3度目のフリー走行総合1番手に躍り出れば、初日総合1番手のペドロサは2番手。スピース、ブラドル、ドビツィオーソが続き、ロレンソとロッシは1.1秒差の7番手、8番手だった。

第11戦インディアナポリスGPのフリー走行3は18日、インディアナポリス・モーター・スピードウェイで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマーク。3度のフリー走行を制した。

気温21度。路面温度23度のドライコンディションの中、フリー走行1を制した初日総合5番手のストーナーは、1分40秒台を1回、1分39秒台を最多の6回記録。1分39秒182の1番時計を刻み、第6戦イギリスGP以来、今季3度目のフリー走行総合1番手に進出した。

フリー走行2を制して初日総合トップに立ったダニ・ペドロサは、1分40秒台を3回、1分39秒台を5回記録して、0.187秒差の2番手。

初日総合2番手のベン・スピースは、1分40秒台を3回、1分39秒台を5回記録して、0.204秒差の3番手。

初日総合8番手のステファン・ブラドルは、1分40秒台を6回、1分39秒台を3回記録。0.499秒差の4番手に浮上すると、総合4番手のアンドレア・ドビツィオーソは、1分40秒台を6回記録。0.836秒差の5番手に後退。総合7番手のアルバロ・バウティスタは、1.024秒差の6番手。

初日総合3番手のホルヘ・ロレンソは、1分40秒台を最多の9回記録して、1.157秒差の7番手に後退。

初日総合10番手のバレンティーノ・ロッシは、1分40秒台を4回記録。1.166秒差の8番手に入り、カル・クラッチロー、ニッキー・ヘイデンが続いた。

初日14番手のアレックス・エスパルガロは、1分41秒台を1回記録して、CRT勢の最高位となる2.273秒差の11番手に進出。

ワイルドカードのスティーブ・ラップは、4.997秒差の22番手。アーロン・イェーツは、6.292秒差の23番手だった。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising