決勝レース:C.ストーナーがラグナセカで3勝目

Sunday, 29 July 2012

2番グリッドのストーナーが昨年のレースを再現して、ラグナセカで2年連続3勝目、今季4勝目を飾れば、ポールポジションのロレンソは2位に入り、今季9度目のトップ2入りを達成。3番グリッドのペドロサは今季9度目の表彰台。ドビツィオーソ、クラッチローが続き、ヘイデンが6位。ロッシとスピースが今季初の転倒リタイヤを喫した。

第10戦アメリカGPの決勝レースは29日、マツダ・レースウェイ・ラグナセカで行われ、ケーシー・ストーナーが優勝。今季4勝目を飾った。

気温18度。路面温度24度のドライコンディションの中、ウォームアップ走行を制した2番グリッドのストーナーは、リアにソフトタイヤを選択すると、スタートで3番手に後退したが、3ラップ目に2番手、22ラップ目に1番手に浮上。1分21秒台のリズムを維持して、2年連続3勝目。ウェイン・レイニーが記録したサーキット最多勝に並んだ。

2日間で最速リズムを刻んでいたポールポジションのホルヘ・ロレンソは、リアにハードタイヤを選択。スタートからトップを維持していたが、ラスト11ラップに2番手に後退。9戦目のトップ2進出を達成した。

3番グリッドのダニ・ペドロサは、リアにハードタイヤを選択。6戦連続9度目の表彰台を獲得すれば、6番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソは、5番グリッドのカル・クラッチローとの4位争いに0.177秒差で競り勝った。

8番グリッドのニッキー・ヘイデンは、ラスト6ラップにコークスクリューで6番手に浮上。今季のベストリザルトタイでフィニッシュすれば、ラグナセカ初挑戦の9番グリッドのステファン・ブラドルは7位。7番グリッドのアルバロ・バウティスタは8位。

12番グリッドのアレックス・エスパルガロは、CRT勢の最高位となる9位でフィニッシュ。負傷から復帰したカレル・アブラハムがトップ10入りした。

4番グリッドのベン・スピースは、4番手走行中の22ラップに今季初の転倒リタイヤ。

10番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、8番手走行中のラスト3ラップにコークスクリューの進入で転倒。今季初のリタイヤを喫した。

チャンピオンシップは、ポイントリーダーのロレンソがランク2位のペドロサに23ポイント差にアドバンテージを広げ、ランク3位のストーナーは32ポイント差にギャップを詰めた。

次戦は、8月17日にインディアナポリス・モーター・スピードウェイで開催。19日に決勝レースが行われる。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising