ロレンソ&スピース、リザルト獲得に自信

Tuesday, 24 April 2012

対照的なオープニングレースとなったヤマハの両雄、ロレンソとスピースだったが、1ヶ月前のテスト内容と成果から、上位進出に自信を見せ、ヨーロッパラウンドの初戦に挑む。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのホルヘ・ロレンソは、ヘレス・サーキットで開催される第2戦スペインGPに、ポイントリーダーとして乗り込み、ベン・スピースは好結果獲得に挑戦する。

250ccクラスで2連覇を達成した2006年と2007年以来、最高峰クラスで初めて開幕戦を制したロレンソは、カタールGP初の3クラス制覇で、歴代ランク11位タイとなる通算39勝を達成。

今週末のホームグランプリでは、2006年から2年間、2010年から2年間、2度の連勝を飾り、当地で開催された3月のオフィシャルテストでは、総合2番手に入り、27ラップのレースシミュレーションでは1分40秒前半のリズムを刻んでいた。

「ヘレスに早く戻りたい。テストではとても強かったし、いつも好結果を獲得した。競争はタフ。ケーシー、特にダニはとても速い。完璧なシーズンのスタートで、信じられない優勝に向けて懸命に働いた。ファンの前で走り、グッドなスペクタクロを提供できるようにトライしよう。」

開幕戦ではチャタリングに苦しんだスピースは、初めてヘレスに挑戦した一昨年、フロントに不具合に出て、リタイヤを喫すれば、昨年4番グリッドから2位に浮上したが、ラスト3ラップに転倒リタイヤを喫したが、1ヶ月前のテストではトップ3に接近。4番手に進出していた。

「良い感じだ。ヘレスではまだグレートなリザルトを獲得していないけど、テストはとても良かったから自信がある。M1はここまでの全てのサーキットでグッドなレスポンスがある。」

「目標は再スタートを切ること。全力を尽くす。カタールではレース以外ではグッドな週末だったし、リズムはストロングだった。バイクは戦闘力があり、上手く走れているから、成功の週末にしなければいけない」と、仕切り直しを誓った。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising