ロレンソは優勝、スピースは表彰台を狙う

Wednesday, 17 October 2012

対照的なシーズンが続く、ヤマハファクトリーの両雄。ロレンソは今季6勝目を狙うことを強調すれば、スピースは、ノートラブルの週末で今季初の表彰台獲得を切実に願い、セパン入りする。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのホルヘ・ロレンソは、セパン・インターナショナル・サーキットで開催される第16戦マレーシアGPにポイントリーダーとして登場。ベン・スピースは、今季初の表彰台獲得を目標に当地へ乗り込む。

第4戦フランスGPから12戦連続してランク1位を堅守するロレンソは、前戦日本GPで8戦連続14度目のトップ2入りを達成。2年前にポールポジションから3位に進出し、今年のオフィシャルテストでは総合3番手と4番手だったトラックで、アドバンテージを維持、拡大したいところ。

「セパンに戻る。昨年のマルコの事故により、僕たちにとって辛い思い出のあるサーキットだ。その一方で2010年にチャンピオンとなったとても良い思い出がある。」

「これからの3戦に集中しなければいけない。今週末にグッドなショーを見せるためにベストを尽くさなければいけない。トラックは、僕たちのバイクにとって、もてぎよりも合うかもしれない。目標はベストなリザルトを獲得することだ」と、今季6勝目を目指すことを主張。

今季追い求める表彰台にあと一歩届かないレースが続いているスピースは、2年前に4位、テストでは総合2番手と8番手だった当地で今季初のトップ3入りを目指す。

「ここに戻ることはストレンジな気分だ。シッチの名誉を最善の形にするために、いつものように100%を尽くそう。前戦はブレーキの問題でまた失望の週末となってしまった。問題のないことを本当に願う。表彰台を獲得できるポテンシャルがあることを証明したい」と、切実に今季初の表彰台獲得を願って現地入りする。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising