Tickets purchase
VideoPass purchase

チェキネッリが共通ECUを説明

イタリアのスポーツ紙、La Gazzetta dello Sport(ラ・ガゼッタ・デッロ・スポルト)は、MotoGP™ディレクター・オブ・テクノロジーを務めるコラード・チェキネッリが、ECUエンジン・コントロール・ユニットに関して説明。イオダレーシング、アビンティア、フォイワード・レーシング、ポール・バードが2013年からマニエッティ・マレリ製のECUを使用し、「値段は5万~10万ユーロ。ドゥカティとヤマハが使用するECUよりも優れている」と、語った。

Tags:
MotoGP, 2013

Other updates you may be interested in ›