初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ、ヘレスでプライベートテスト実施

ドゥカティ、ヘレスでプライベートテスト実施

プレス・スキー・ミーティングを実施したばかりのドゥカティは、イタリアからスペインに移動。ヘレスで3日間のプライベートテストを実行すると、ドゥカティ・コルセのジェネラルマネージャーに就任したゴブマイヤーが、初めてテストを指揮した。

ドゥカティ・コルセのテストチームは、19日から3日間、第3戦スペインGPの開催地となるヘレス・サーキットでプライベートテストを実施。テストライダーのミケーレ・ピロとフランコ・バッタイニがデスモセディチGP13の開発に着手した。

先週14日から18日まで、イタリアのマドンナ・ディ・カンピリオでWROOOM‐プレス・スキー・ミーティングを開催したドゥカティは、2月のオフィシャルテストを前に、昨年11月28日から3日間のプライベートテストを実施したサーキットに戻って来たが、雨に見舞われ、予定していたテストプログラムを消化できなかった。

ドゥカティ・コルセのジェネラルマネージャーに就任して、今回初めてテストを指揮したベルンハルト・ゴブマイヤーは、「天候に関しては少し不運でした。2日間はほとんど何もできませんでした。雨が降り続き、最終日は3日間の仕事を僅か5時間に短縮することにトライしました。」

「当然、計画していた幾つかのテストプログラムを飛び越えることが要求されましたが、テストしたシャーシと電子制御に関しては、ポジティブで興味深い結果を得ました。少なくても、ヘレスにおける我々の次のテストに向けて、方向性を明白にしました。チーム全員が集中してテストに取り組んだことに満足です。高いモチベーションを持っていました」と、テストを総括した。

昨年11月のバレンシアとヘレスに続き、3度目のテストとなったピロは、「問題は天候。1月にヘレスでテストを実施するのは常にリスクがあるけど、幸運にも午後に周回を重ね、開発に向けて重要なデータを収集することができた。2ヶ月ぶりにトラックに戻れたことはナイスだ」と、感想を語った。

ドゥカティ・チームは、2月5日からセパン・インターナショナル・サーキットで開催されるオフィシャルテストに参加する。

Tags:
MotoGP, 2013, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›