Tickets purchase
Videopass purchase

Moto2™&Moto3™のオフィシャルテストが明日12日スタート

最高峰クラスに続き、Moto2クラスとMoto3クラスが最終戦の舞台に13週間ぶりに集結して、オフィシャルテストを開始。高橋、中上、渡辺が2013年シーズンに向けて、本格的なテストに着手する。

Moto2クラスとMoto3クラスは、12日から3日間、バレンシアのリカルド・トルモ・サーキットで今年初のオフィシャルテストを実施。当サイトでは、独占ハイライトビデオと主役たちのインタビューを提供する。

Moto2クラスは、11月28日に発表された暫定エントリーの33名中、初参戦を予定するESGPを除く32名が参加。Moto3クラスは、暫定エントリーの全32名が参加。全65名が最終戦バレンシアGPの舞台に13週間ぶりに集結する。

ランク1位のマルク・マルケス、ランク3位のアンドレア・イアンノーネが最高峰クラスに進出した中で開催された最終戦後のオフィシャルテストでは、ランク2位のポル・エスパルガロが1番時計を記録。2番手に進出したフリアン・シモンをはじめ、トーマス・ルティ、スコット・レディング、ミカ・カリオ、中上貴晶、トニ・エリアスらがアルバセテ・サーキットでプライベートテストを実施。

スペイン選手権を2連覇したジョルディ・トーレス、125ccクラス最後の王者ニコラス・テロール、Moto3クラス初代王者のサンドロ・コルテセ、負傷により終盤戦を欠場したアレックス・デ・アンジェリスらは、アルメリア・サーキットでテストを実施。2013年シーズンに向けて準備を進めていた。

新規参戦のイデミツ・ホンダ・チーム・アジアは、都内でカラーリングを発表。昨年厳しいシーズンを過ごした高橋裕紀とモリワキが巻き返しに向けて、本格的なテストに着手する。

王者コルテセが中量級に進出したMoto3クラスは、ランク2位のルイス・サロンとランク3位のマーベリック・ビニャーレスが新天地移籍。アルメリア・サーキットでKTMユーザーによる3日間のプライベートテストを実施して、バレンシアに乗り込む。

昨季トップ10入りしたミゲール・オリベイラとエフレン・バスケスは、マヒンドラ&シューターが開発するオリジナルマシンのシェイクダウンを予定。

スペイン選手権経由で世界舞台に初挑戦する渡辺陽向は、走行経験があるトラックからテストを開始する。

今年初のオフィシャルテストは、10時から12時40分まで2クラス合同のセッションとなり、12時50分から13時50分、14時から15時までは単独セッション、15時10分から17時まで再び合同セッションとなる。

Tags:
Moto2, 2013

Other updates you may be interested in ›