Tickets purchase
VideoPass purchase

オフィシャルテスト3日目:M.ビニャーレスが今年初テストで総合1番手

オフィシャルテスト3日目:M.ビニャーレスが今年初テストで総合1番手

初日から最速リズムと最速ラップを刻んだビニャーレスが、1分39秒台を連発して、今年最初のテストを制すると、リンス、サロン、マックフィー、フォルガーがトップ5入り。ルーキーの渡辺は、33人中総合29番手だった。

Moto3™クラスのオフィシャルテスト3日目、最終日は14日、バレンシアのリカルド・トルモ・サーキットで行われ、マーベリック・ビニャーレスがトップタイムをマーク。総合1番手に進出した。

好天候に恵まれたドライコンディションの中、10時から12時40分までの合同セッションで、2日間連続して1番手に進出したビニャーレスが、スイングアームの調整を進めながら、1分39秒台を最多の8回記録。アレックス・リンス、ルイス・サロン、ジョン・マックフィーも1分40秒台を突破。

12時50分から13時50分までの単独セッションでは、ビニャーレスが7度目の1番時計を刻めば、15時10分から17時までの合同セッションでは、リンスが初めて1番手に躍り出た。

初日から連続31番手だった渡辺陽向は、30番手、26番手、27番手。3日間総合で2.870秒差の総合29番手だった。

レッドブル・ルーキーズ・カップ出身のフロリンア・アルトは、1日目に初テストを実施したが、その後体調を崩したことから、2日間連続して走行をキャンセル。トニー・フィンスターブッシュ、ロマーノ・フェナティ、ミゲール・オリベイラ、フランセスコ・バグナイア、フアンフラン・グエバラ、マティオ・フェラーリ、サロンが転倒を喫した。

セッション7: 1分39秒410 (M.ビニャーレス)
セッション8: 1分39秒299 (M.ビニャーレス)
セッション9: 1分39秒618 (A.リンス)

1日目ベストラップ: 1分40秒715 (M.ビニャーレス)
2日目ベストラップ: 1分40秒168 (M.ビニャーレス)

サーキットベストラップ: 1分41秒263 (2012年-J.フォルガー)

Tags:
Moto3, 2013

Other updates you may be interested in ›