Tickets purchase
VideoPass purchase

Moto2™&Moto3™のオフィシャルテスト、19日からヘレスで開催

Moto2™&Moto3™のオフィシャルテスト、19日からヘレスで開催

Moto2クラスとMoto3クラスは、バレンシアのリカルド・トルモで実施した今年初テストから5日後、イベリア半島を約560キロ南下して、第3戦スペインGPの開催舞台ヘレス・サーキットに移動。19日から3日間のオフィシャルテストを実施。当サイトでは、独占ハイライトビデオと主役たちのインタビューを連日提供する。

Moto2クラスとMoto3クラスは、19日から3日間、第3戦スペインGPの舞台ヘレス・サーキットで今年2回目のオフィシャルテストを実施。当サイトでは、独占ハイライトビデオと主役たちのインタビューを連日提供する。

Moto2クラスは、前回のテストで右上腕と右肘を骨折したトーマス・ルティを除く、暫定エントリーの32名中31名が参加。転倒を喫したラタパー・ヴィライローとラフィド・トパン・スチプトも参加を予定。

今年初テストで総合1番手に進出したポル・エスパルガロは、昨年クラス初優勝を飾った舞台に戻れば、好走を見せた2年目のニコラス・テロール、新天地に移籍したフリアン・シモン、スペイン選手権王者のジョルディ・トーレスが、異なるトラックでどのようなパフォーマンスを見せるのか注目が集まる。

総合6番手に進出した中上貴晶は、今回のテストから2013年型のカレックスを投入。昨年ポールポジションを争い、自己最高位の2番グリッドを獲得したトラックで、トップ4を独占したスペイン勢とのギャップを図りに行く。

イデミツ・ホンダ・チーム・アジアの本格的な始動となった前回のテストで、テストプログラムを消化するために、徹底的に走り込んだ高橋裕紀は、合計217ラップを周回。モリワキMD600開発の方向性が見えてきた中、キャラクターの異なるトラックで方向性を確認する。

Moto3クラスは、最速リズムと最速ラップを刻んだ総合1番手のマーベリック・ビニャーレスを筆頭に、アレックス・リンス、ルイス・サロンのKTMを走らせるスペイン勢が中心。事前テストなしで4番手に進出したジョナス・フォルガー、昨年のウェットレースで圧倒的な強さを見せたロマーノ・フェナティ、シェイクダウンでプッシュを控えたマヒンドラのエフレン・バスケスとミゲール・オリベイラの走りにも注目。

テストデビューを果たした渡辺陽向は、走行経験があるトラックで、前回の総合29番手からワンステップアップを狙う。

Tags:
Moto2, 2013

Other updates you may be interested in ›