Tickets purchase
Videopass purchase

J.ロレンソ:「チャンピオンシップは4人の接戦だ」

今年2度のオフィシャルテストで総合1番手に進出した王者ロレンソが、上位4人による激戦のタイトル争いを予想。ヤマハM1の車体が改良され、コーナリングスピードが速いことを高評価した。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのホルヘ・ロレンソは4日、バルセロナ郊外でドイツの自動車メーカー、ポルシェの販売店、ポルシェ・バルセロナとのコラボを発表した際に、2度のオフィシャルテストを評価。タイトル防衛に向けて、困難なシーズンになることを予想した。

「非常に強いこと、バイクの快適さを感じる。その上、昨年よりもフィジカル面は良い。バイクはシャーシが改良され、コーナーで1周コンマ2~3秒短縮する。僕たちは簡単ではないことを成し遂げている。」

「現実的にチャンピオンシップは、4人の候補者により非常に接戦となるだろう。非常に同等だ。レベルは非常に似ているから、非常に厳しいシーズンになるだろう。」

「6日間のセパンで、ダニと僕がベストライダーだったけど、マルケスとバレンティーノは非常に接近していた。特徴が異なるサーキットでどうなのか確認しなければいけない」と、4人によるタイトル争いを予想。

次回のテストは、3月12日から第2戦アメリカズGPの開催地となるサーキット・オブ・ザ・アメリカズで開催。「図面上ではスペクタクロなサーキット。ヤマハで走れることはエキサイティングだ」と、初テストに興奮する。

Tags:
MotoGP, 2013, Jorge Lorenzo, Yamaha Factory Racing

Other updates you may be interested in ›