初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

LCR・ホンダ、アジアのタレント起用を検討

LCR・ホンダ、アジアのタレント起用を検討

ヤングライダーを積極的に起用しているホンダのサテライトチーム、LCR・ホンダが、モータースポーツの成長が著しい南アジア地域出身のヤングライダーを起用する可能性があることを明かした。

LCR・ホンダのチームマネージャー、ルーチョ・チェッキネロは、セパン・インターナショナル・サーキットで開催された今年2度目のオフィシャルテストの3日目、最終日に最高峰クラス2年目に挑戦するステファン・ブラドルのテストを評価すると同時に、将来アジア出身のヤングライダーの起用を検討していることを明かした。

「検討していることは確かです。もし、アジアのライダーを起用することを約束するなら、それは完璧なプログラムを準備します。チームに1人のライダーを加えるだけでなく、我々の支援と特に我々のスポンサーの支援に相応しい才能あるヤングライダーを走らせるために、完璧なプロジェクトを構成します。」

「ホンダは特に南アジア出身のヤングライダーのプロモーションに大変興味を持ち、我々はスポンサーと協議を進めています。南アジア地域のモータースポーツは成長著しく、ライダーたちに可能性を開き、機会を与えるべきでしょう。」

「起用の可能性がありますが、もし、グッドなライダーで、彼に適したスポンサーが支援しなければいけません。現状、ステファン・ブラドルに我々のフルパワーを注ぎ続け、2014年に何ができるかを検討します。もし、2014年に2台目のバイクを投入できなければ、将来に向けてそのことを検討し続けます」と、説明した。

Tags:
MotoGP, 2013

Other updates you may be interested in ›