初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

サーキット・インスペクターがオースティンを訪問

サーキット・インスペクターがオースティンを訪問

FIMからサーキット・インスペクターに指名されたウンチーニが、初開催のサーキット・オブ・ザ・アメリカズを訪問。ホモロゲーションを取得したサーキットの安全面を強化することを指示したが、グランプリの成功を疑わなかった。

1月20日にFIM国際モーターサイクリズム連盟からグランプリ・セーフティー・オフィサー兼サーキット・インスペックターに指名されたフランコ・ウンチーニは、チャンピオンシップ初開催となる第2戦アメリカズGPの舞台、サーキット・オブ・ザ・アメリカズを訪問した。

サーキット・インスペクターとしての初仕事となったウンチーニは、ドルナスポーツのマネージングディレクター、ハビエル・アロンソと共にサーキットを訪れ、サーキットのモータースポーツ事業副社長のチャック・アスクランド、AMA全米スーパーバイク選手権のビル・キャンベルとミーティングを行い、ガードレールの間に複数の開口部を設けること、新しいエアフェンスを追加すること、カーレースのために使用された縁石を除去することを要求した。

「私にとって、このような大変素晴らしいサーキットで新たな仕事をスタートさせたことはナイスです。COTA(サーキット・オブ・ザ・アメリカズ)を大変気に入りました。施設は本当に素晴らしいです。絵のように美しく、近代的、技術的、難しさ、挑戦的、そして興味深いです。ライダーに休息をもたらせないコーナーが配置され、多くのオーバーテイクが提供されることから、4月にはグッドなレースが観られると考えます。」

「サーキットのスタッフは、4月に向けて懸命に良い仕事を進め、グランプリの成功に向けて全てのエネルギーを注いでいます。既にホモロゲーションを取得した安全面の詳細を詰めるために、今週サーキットを訪れましたが、昨年のF1で素晴らしい開業を飾った大変プロフェショナルな人たちが仕事をしていることから何も問題はないでしょう」と、視察の感想を語った。

レプソル・ホンダ、LRC・ホンダ、ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームは、来週12日から3日間、当地でプライベートテストを予定している。

Tags:
MotoGP, 2013

Other updates you may be interested in ›