初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

K.アブラハム、改善点はブレーキング

K.アブラハム、改善点はブレーキング

CRT勢をリードするARTユーザーのド・プニエとエスパルガロのデータと比較して、ブレーキの改善に取り組んだアブラハムが、タイムギャップを詰めて、前回のCRT勢6番手から5番手に浮上した。

カルディオン・AB・モーターレーシングのカレル・アブラハムは28日、第15戦マレーシアGPの開催地、セパン・インターナショナル・サーキットで開催された今年2度目のオフィシャルテストを終了。総合5番手に進出した。

3週間前に当地で実施された今年初テストで、ARTをシェイクダウンさせると、4.666秒差の総合22番手、CRT勢では2.138秒差の6番手だったアブラハムは、ARTユーザーのパワー・エレクトロニクス・アスパル・チームに所属するランディ・ド・プニエとアレックス・エスパルガロのデータを比較して、タイムロスの原因となっているブレーキの改善に着手。

3日間で151ラップを周回。3.784秒差の総合20番手、CRT勢では1.203秒差の5番手に浮上した。

「目標の2分03秒台に進出できなかったのは、腹が立つ。タイヤが早く消耗してしまう問題があった。15ラップ毎に履き替えたことから、ベストタイムをマークする時には新品がなかった。ド・プニエとエスパルガロから離されていることは良くないけど、接近してきたエドワーズを除いて、他のライダーたちを引き離した」と、今年2度目のテストを振り返った。

1日目ベストラップ: 2分05秒838 (26ラップ)
2日目ベストラップ: 2分04秒350 (68ラップ)
3日目ベストラップ: 2分04秒066 (57ラップ)
前回のベストラップ: 2分04秒766 (173ラップ)

2013年テストベストラップ: 2分00秒100 (ペドロサ)
2012年テストベストラップ: 1分59秒607 (ストーナー)
サーキットベストラップ: 2分00秒334 (2012年-ロレンソ)

MotoGP Sepang Test 2 2013

Tags:
MotoGP, 2013

Other updates you may be interested in ›