初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

サンカルロ・チーム・イタリアのフェネティは総合18番手、バグナイアは手首骨折で開幕デビュー微妙

サンカルロ・チーム・イタリアのフェネティは総合18番手、バグナイアは手首骨折で開幕デビュー微妙

昨年のヘレスで強烈な衝撃を与えたフェネティだったが、上位陣に接近できずに、1.8秒差の総合18番手。スペインで2年間の武者修行を積んだバグナイアは、左手首を骨折したことから、開幕戦でのデビューが微妙となった。

サンカルロ・チーム・イタリアは21日、ヘレス・サーキットで開催された4日間のオフィシャルテストを終了。ロマーネ・フェネティは総合18番手。フランシスコ・バグナイアは左手首を骨折して、開幕戦カタールGPでのデビューが微妙となった。

参戦1年目に新人勢の2番手、ランク6位に進出したフェネティは、リカルド・トルモ・サーキットで開催された今年最初のオフィシャルテストで総合6番手、当地で実施された2度目のオフィシャルテストで総合13番手。

昨年史上3番目となる最年少優勝を36秒差の大差で飾り、史上最年少のポイントリーダーに飛び出したサーキットに戻って来ると、ホンダからニューエンジンが投入された初日に前回のタイムを更新したが、3日目、4日目にタイムを伸ばすことができず、1.840秒差の総合18番手に後退。

「今回のリザルトには満足できないけど、チャンピオンシップに向けて集中を続ける。沢山のことを試したけど、まだまだやるべきことが沢山ある。これから良くなって行くことは間違いない。不運だったフランシスコが早期に復帰することを願う」と、3度目のテストを振り返った。

2年間のスペイン選手権で連続してランク3位に進出したバグナイアは、FTR・ホンダをシェイクダウンさせたバレンシで総合17番手発進。2度目のテストは26番手だったが、3度目のテスト初日に前回のタイムを更新。3日目に1分48秒台に進出したが、セッション終了直前に転倒を喫して左手首を強打。

メディカルセンターで精密検査を受けた結果、橈骨(とうこつ)の骨折が確認され、開幕戦カタールGPのデビュー戦が微妙となった。

「カタールに行ける可能性がある。1週間様子を見よう。不運なアクシデントだったけど、これは起こること。チームに早く戻って、ライバルたちとのバトルがしたい」と、前向きにリハビリに取り組む姿勢を見せた。

テクニカルコーディネーターのロベルト・ロカテリは、「KTMがクラスの基準となることを確認しました。チャンピオンの後任にサロン、リンス、ビニャーレスというグッドなライダーが起用され、バイク間の競争は昨年より大きく広がりましたが、意気消沈した訳ではなりません。技術面において解決する分野が多いですが、我々はチームとして闘います。カタールでは、フェナティが昨年の結果を再現できることを期待します」と、状況を説明した。

R.フェナティ
前回: 1分48秒842 (125ラップ)
1日目: 1分48秒214 (46ラップ)
2日目: 走行なし
3日目: 1分48秒393 (84ラップ)
4日目: 1分48秒823 (27ラップ)

F.バグナイア
前回: 1分49秒829 (130ラップ)
1日目: 1分49秒038 (49ラップ)
2日目: 走行なし
3日目: 1分48秒886 (71ラップ)
4日目: 欠場

1日目ベストラップ: 1分47秒149 (J.フォルガー)
2日目ベストラップ: 1分57秒627 (J.ミラー)
3日目ベストラップ: 1分46秒603 (M.ビニャーレス)
4日目ベストラップ: 1分46秒374 (L.サロン)

前回のオフィシャルテストベストラップ: 1分46秒805 (M.ビニャーレス)
サーキットベストラップ: 1分49秒760 (R.フェネティ)

Moto3 Jerez Test 2 2013

Tags:
Moto3, 2013, Francesco Bagnaia, Romano Fenati, San Carlo Team Italia

Other updates you may be interested in ›