初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ストップ・アンド・ゴーのシメオンは1桁台に進出、シュレッターはバイク破損で走行不足

ストップ・アンド・ゴーのシメオンは1桁台に進出、シュレッターはバイク破損で走行不足

ビモータとFTRからカレックスに変更したストップ・アンド・ゴーは、シメオンがカレックス勢に食らいつき、シングル台に進出。シュレッターは今年初テストの転倒が影響。走行不足を訴えた。

ストップ・アンド・ゴーは20日、ヘレス・サーキットで開催された今年3度目のオフィシャルテストを終了。チャビエル・シメオンが総合9番手に進出すれば、マンシェル・シュレッターは総合26番手だった。

デスグアセス・ラ・トーレス・SAG・ゼロス・チームからフル参戦3年目を迎えるベルギー出身のシメオンは、今年2度のオフィシャルテストで連続して総合15番手。2年間連続して使用したテック3のオリジナルマシン、ミストラル610からカレックスに乗り換え、改善の余地が大きいことを強調すると、3度目のオフィシャルテストでは初日から10番手、9番手、8番手、12番手に進出。

合計148ラップを周回して、1分43秒台を4回記録。1.084秒差の総合9番手に躍進すると、「テストはすごく良かった。3日間ドライコンディションに恵まれ、ウェットの1日も含めて進歩が続けた。バイクとチームに満足。シーズンの開幕に向けて素晴らしい仕事をした。カタールでは上手くやれると思う」と、開幕戦への期待を高めた。

昨年8月の第11戦インディアナポリスGPからデスグアセス・ラ・トーレス・SAG・チームに所属するドイツ出身のシュレッターは、リカルド・トルモ・サーキットで開催された今年初のオフィシャルテスト初日3度目のセッションで、時速240キロで走行中に転倒。

負傷はなかったが、マシンが破損したことから、修復のために合計10度のセッション、27時間の走行時間を欠場。2度目のオフィシャルテスト2日目2度目のセッションから再び走行を開始して、総合29番手。

今年3度目のオフィシャルテストでは、初日から26番手、10番手、22番手、25番手。2.269秒差の総合26番手だった。

「今回好天候に恵まれて、成長を続けることに役立った。確かに結果は際立たない。最速ラップとリズムに喜べない。カレックスに慣れる時間が必要だ」と、走行不足を訴えた。

X.シメオン
前回: 1分44秒185 (104ラップ)
1日目: 1分44秒029 (46ラップ)
2日目: 1分56秒734 (3ラップ)
3日目: 1分43秒720 (67ラップ)
4日目: 1分44秒356 (32ラップ)

M.シュレッター
前回: 1分46秒625 (60ラップ)
1日目: 1分45秒660 (56ラップ)
2日目: 1分57秒008 (37ラップ)
3日目: 1分44秒905 (56ラップ)
4日目: 1分45秒996 (13ラップ)

1日目ベストラップ: 1分43秒365 (T.エリアス)
2日目ベストラップ: 1分55秒082 (S.レディング)
3日目ベストラップ: 1分42秒636 (P.エスパルガロ)
4日目ベストラップ: 1分43秒355 (P.エスパルガロ)

前回のオフィシャルテストベストラップ: 1分42秒332 (P.エスパルガロ)
サーキットベストラップ: 1分42秒706 (S.ブラドル)

Moto2 Jerez Test 2 2013

Tags:
Moto2, 2013, Xavier Simeon, Marcel Schrotter, Maptaq SAG Zelos Team

Other updates you may be interested in ›