初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.シモン:「カレックスはクラスで一番速い」

J.シモン:「カレックスはクラスで一番速い」

3年間のMoto2クラスでRSV、シューター、FTR、シューターに乗り換えてきたシモンが、新天地でカレックスを走らせると、安定して上位に進出。3番手に入り、6番手のリズムを刻んだ。

イタリアトランス・レーシングのフリアン・シモンは20日、ヘレス・サーキットで開催された今年3度目のオフィシャルテストを終了。総合3番手に進出して、プレシーズンの日程を終えた。

新天地に移籍して、カレックスの初走行となった最終戦バレンシアGP後のオフィシャルテストで2番手に発進すると、今年初のオフィシャルテストで総合3番手、2度目のオフィシャルテストで総合4番手に進出。

3度目のオフィシャルテストは、初日に5番手。3日目に3番手に浮上すると、2日目と4日目の走行をキャンセルしたが、2日間で82ラップを周回して、1分43秒台を17回記録。トップから0.552秒差、チームメイトの中上貴晶から0.085秒差の総合3番手に入った。

「5コーナーで転んだ。快適さを感じていたから、プッシュして、限界を探していたところで、それまでに履いていたタイヤよりも硬く、路面温度が一気に低下してしまったことから、転んでしまった。大したことはない。」

「転んでしまったけど、前回のテストを考えれば、嬉しい。チームと僕は同じアイデアがあり、チームメイトのタカアキは強い。これらは僕にとって大切。」

「クラスで最も速いバイクを走らせ、もしかしたら、クラスでもっとコンプレートなバイクかもしれない。ペースはトップに近い。カタールが待ち遠しい」と、上位進出に自信を見せた。

前回: 1分43秒062 (70ラップ)
1日目: 1分43秒747 (33ラップ)
2日目: 走行なし
3日目: 1分43秒188 (49ラップ)
4日目: 走行なし

1日目ベストラップ: 1分43秒365 (T.エリアス)
2日目ベストラップ: 1分55秒082 (S.レディング)
3日目ベストラップ: 1分42秒636 (P.エスパルガロ)
4日目ベストラップ: 1分43秒355 (P.エスパルガロ)

前回のオフィシャルテストベストラップ: 1分42秒332 (P.エスパルガロ)
サーキットベストラップ: 1分42秒706 (S.ブラドル)

Moto2 Jerez Test 2 2013

Tags:
Moto2, 2013, Julian Simon, Italtrans Racing Team

Other updates you may be interested in ›