Tickets purchase
VideoPass purchase

レプソル・ホンダのマルケスはホンダ勢最高位の4番手、ペドロサは1秒遅れの8番手

レプソル・ホンダのマルケスはホンダ勢最高位の4番手、ペドロサは1秒遅れの8番手

最高峰クラスの最初のプラクティスで、Moto2™クラス王者のマルケスが、ホンダ勢の最高位となるコンマ5秒差の4番手に進出すれば、ペドロサはコーナーの進入で問題があり、1秒差の8番手だった。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、最高峰クラスの初セッションとなった開幕戦カタールGPのフリー走行1で4番時計を記録。ダニ・ペドロサは、8番時計を刻んだ。

Moto2™クラス王者として、最高峰クラスに初参戦するマルケスは、最多18ラップを周回。1分57秒台を最多の7回記録して、0.591秒差の4番手に入り、ホンダ勢の1番手に進出した。

「特に最初は少し神経質だったけど、通常なこと。直ぐに吹っ切れて、Moto2™クラスのように、常にレースを考えて最初のプラクティスに取り組んだ。少しずつ良くなり、最後の変更ですごく良いことが見つり、グッドなタイムをマークすることができた。このようなスタートは重要だけど、まだ始まったばかり。その上、路面のグリップは良くなって行くから、仕事を続けて行かないといけない」と、上位進出も気を引き締めた。

今年2月に実施された最初のオフィシャルテストで総合1番手に進出したペドロサは、17ラップを周回。1分58秒台を6回、1分57秒台を2回記録して、1.064秒差の8番手。

「今日は僕たちにとって良い日ではなかった。コーナーの進入で問題があり、上手く走ることができなかったから、グッドなタイムをマークできなかった。明日はものごとが上手く行き、グッドなタイムをマークできることを期待する」と、上位に進出できなかった理由を説明した。

Tags:
MotoGP, 2013, COMMERCIAL BANK GRAND PRIX OF QATAR, Marc Marquez, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›