Tickets purchase
Videopass purchase

ウォームアップ走行:C.クラッチローが週末2度目の1番時計

2番グリッドのクラッチローが、フリー走行4に続いて2度目の1番時計を記録。ロレンソ、ペドロサが続き、7番グリッドのロッシが最速リズムを刻んで4番手。CRT勢では、予選で電子制御の問題に見舞われたバルベラが1番手に浮上した。

開幕戦カタールGPのウォームアップ走行は7日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、カル・クラッチローがトップタイムをマークした。

気温23度。路面温度28度のドライコンディションの中、2番グリッドのクラッチローは、1分56秒台を4回記録。1分56秒273で、フリー走行4に続いて週末2度目の1番時計を刻んだ。

ポールポジションのホルヘ・ロレンソは、ヘルメットのバイザーが外れるアクシデントに見舞われたが、1分56秒台を3回記録して、0.137秒差の2番手。

3番グリッドのダニ・ペドロサは、1分56秒台を5回記録して、0.138秒差の3番手を維持すれば、7番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、1分56秒台を最多の7回記録して、0.207秒差の4番手。

5番グリッドのステファン・ブラドルは、0.255秒差の5番手を維持。マルク・マルケス、アンドレア・ドビツィオーソ、アルバロ・バウティスタ、ニッキー・ヘイデン、ブラドリー・スミスがトップ10入り。

CRT勢では、公式予選1で電子制御の問題に見舞われた22番グリッドのエクトル・バルベラが、1.821秒差の13番手に進出。

17番グリッドの青山博一は、2.970秒差の19番手、CRT勢で1.149秒差の7番手だった。

Tags:
MotoGP, 2013, WUP

Other updates you may be interested in ›