初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

スタンレー・ブラック&デッカーがパートナーシップを2014年まで延長

スタンレー・ブラック&デッカーがパートナーシップを2014年まで延長

コードレスドリルと工具で有名なアメリカのスタンレー・ブラック&デッカーが、オフィシャル・サプライヤーとして、チャンピオンシップを支援することが決定した。

ドルナスポーツは11日、スタンレー・ブラック&デッカー社との間で、オフィシャル・サプライヤーとして合意したことを発表。2014年末まで、チャンピオンシップを支援することが決定した。

1961年に固定電動工具の革新的な発明となった電動ドリルを製造し、現在はコードレスドリルで有名なブラック・アンド・デッカー社は、2010年に工具メーカーのスタンレー社と合併。スタンレー・ブラック&デッカー社として、アメリカ・コネチカット州に本社を構え、電子工具のデウォルトがパワーツール・サプライヤーとして、工具のスタンレーがハンドツール・サプライヤーとして、チャンピオンシップを支援。

フランス、ドイツ、オランダ、チェコ、イギリス、そして、アメリカで開催されるグランプリの際には、サーキットを訪れたファンに対して、商品を体験するツール・ヴィレッジ・イベントを展開。第8戦ドイツGPでは、トラック・アドバタイジングとして、コースサイトに広告看板を掲出する。

Tags:
MotoGP, 2013

Other updates you may be interested in ›