初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レプソル・ホンダのペドロサ&マルケスは2戦目に向けて準備万全

レプソル・ホンダのペドロサ&マルケスは2戦目に向けて準備万全

3冠奪回を目指すホンダのファクトリーチームは、1ヶ月前にチャンピオンシップを初開催するサーキット・オブ・ジ・アメリカズで3日間のプライベートテストを実施。トラック特性を理解し、データを収集したペドロサとマルケスが優勝を狙う。

レプソル・ホンダは週末、サーキット・オブ・ジ・アメリカズで初開催する第2戦アメリカズGPに挑戦。事前テストの成果を発揮して、3冠奪回に向けて、今季初優勝を目指す。

最高峰クラスのデビュー戦で3位表彰台を獲得したマルク・マルケスは、1ヶ月前の3月12日から3日間、当地でプライベートテストを実施して、最多の169ラップを周回すると、3日間連続の1番時計を記録。

過去には、2010年に初開催されたシルバーストンでポール・トゥ・フィニッシュ、モーターランド・アラゴンではポールポジションから1コーナーで接触転倒を喫したが、初体験のサーキットに対して素早い順応性を見せていた。

「このクラスでの初戦で表彰台を獲得したことは、夢の現実だったけど、地に足をつけて、僕たちの仕事に集中しなければいけない。オースティンが楽しみ。テストを実施して、グッドなベースセッティングを整えることができたから楽しみだ。」

「だけど、現実的になる必要がある。路面にはタイヤラバーが残り、トラックコンディションが少し変わるだろう。日曜に可能性を高めるため、同じ方向性に向かって進むために、僕たちの仕事計画に集中しなければいけない」と、気を引き締めて臨むことを説明。

オープニングレースでは、リアのグリップ不足に苦しんで4位だったダニ・ペドロサは、3日間の事前テストで連続2番手。ポイントリーダーから12ポイント差を挽回しに行く。

「カタールでは期待通りに行かなかったけど、問題がどこか分かっているから、次戦に向けて全てがハッキリしている。1ヶ月前にオースティンにいたから、そのことが役立つことは確かだ。グッドなベースセッティングがある」と、巻き返しに自信を見せた。

プライベートテスト非公式ラップタイム
M.マルケス: 2分03秒281 (169ラップ)
D.ペドロサ: 2分03秒898 (141ラップ)

Tags:
MotoGP, 2013, RED BULL GRAND PRIX OF THE AMERICAS, Marc Marquez, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›