Tickets purchase
VideoPass purchase

K.アブラハムが右鎖骨骨折で決勝レース欠場

K.アブラハムが右鎖骨骨折で決勝レース欠場

初開催のCOTAで好走を見せていたアブラハムだったが、予選1で他車と接触転倒した際に右肩を路面に強打。右鎖骨を脱臼骨折したことから、手術を受けることになり、決勝レースを欠場することとなった。

カルディオン・AB・モーターレーシングのカレル・アブラハムは、第2戦アメリカズGPの公式予選1で他車と接触して転倒を喫した際に右鎖骨を脱臼骨折。明日の決勝レースを欠場することとなった。

ARTを使用して、CRTでの初レースとなった開幕戦カタールGPで18番グリッドから転倒リタイヤを喫した23歳のチェコ人ライダーは、グランプリ初開催となったサーキット・オブ・ジ・アメリカズに乗り込むと、フリー走行1から17番手、16番手、16番手。CRT勢で総合4番手に進出して、公式予選1に挑んだが、3ラップ目の15コーナーでゴー&ファン・ホンダ・グレシーニのブライアン・スターリングと接触転倒。

クリニカ・モービルに搬送され、精密検査を受けた結果、右鎖骨の脱臼骨折が確認されたことから、オースティン市内の大学病院に救急車で運ばれ、手術を受けることになった。

明日の決勝レースには欠場するが、2週間後の第3戦スペインGPには参戦が見込まれている。

Tags:
MotoGP, 2013, RED BULL GRAND PRIX OF THE AMERICAS, Karel Abraham, Cardion AB Motoracing

Other updates you may be interested in ›