Tickets purchase
Videopass purchase

フリー走行3:A.リンスがライバルを圧倒する最速時計

初日総合2番手のリンスが2分17秒台に進出。ライバルたちを圧倒する最速ラップを刻めば、初日総合3番手のサロンは、コンマ9秒差の2番手。初日総合1番手のビニャーレスは3番手。バスケス、フェナティが続き、初日総合32番手の渡辺は、5.8秒差の31番手だった。

第2戦アメリカズGPのフリー走行3は20日、サーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われ、アレックス・リンスがトップタイムをマーク。3度のフリー走行を制した。

気温13度。路面温度17度のドライコンディションの中、初日総合2番手のリンスは、2分18秒台を4回、2分17秒台を3回記録。2分17秒062の1番時計を刻み、フリー走行総合1番手に進出した。

初日総合3番手のルイス・サロンは、シフトにトラブルが発生して走行開始が遅れたが、2分18秒台を2回記録して、0.979秒差の2番手に浮上。

フリー走行2を制して初日総合1番手に立ったマーベリック・ビニャーレスは、2分18秒台を2回記録して、1.744秒差の3番手に後退。フリー走行総合14番手のエフレン・バスケスは、2.217秒差の4番手。ロマーノ・フェナティ、ジョナス・フォルガー、ヤコブ・コーンフィール、アーサー・シシス、ニクラス・アジョ、イサック・ビニャーレスがトップ10入り。

初日総合32番手の渡辺陽向は、最終ラップに2分22秒台に進出して、5.833秒差の31番手だった。

Tags:
Moto3, 2013, FP3

Other updates you may be interested in ›