初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

スペイン選手権が今週末にカタルーニャで開幕

スペイン選手権が今週末にカタルーニャで開幕

昨年フルエントリーした13名が世界舞台に飛び出すなど、世界舞台の登竜門としての地位を確立したスペイン選手権は、今年も世界各国から将来の世界舞台進出を狙うヤングライダーたちが集結。第2のロレンソ、ペドロサ、マルケス、ブラドル、スミス、エスパルガロ兄弟、レディング、ビニャーレス、サロン、リンスを目指す。

CEVスペイン選手権は今週末、カタルーニャ・サーキットで開幕。将来のMoto3™クラス、Moto2™クラスへの参戦を目指すヤングライダーたちの挑戦が始まる。

昨年までタイトルスポンサーを務めていノンアルコールメーカーのバクラーに替わり、今年からレプソル社が大会を支援。燃料の供給を継続すれば、ミシュランとダンロップが中量級と軽量級にタイヤを供給する。

Moto3™クラスは、56人がエントリー。地元19人に加え、昨年ランク2位に進出したルカ・アマトをはじめ、グランプリのテストを兼ねるリビオ・ロイら13ヶ国(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、オランダ、ベルギー、アンドラ、アルゼンチン、ベネズエラ、オーストラリア、インド、マレーシア、日本)から37人が参戦。日本からは、藤井謙汰と鳥羽蓮がフル参戦する。

Moto2™クラスは、35人がエントリー。11ヶ国(イギリス、スウェーデン、ロシア、カザフスタン、アメリカ、アルゼンチン、チリ、コロンビア、オーストラリア、カタール、マレーシア)から14人が参戦。13人が併催として初開催するスーパーストック600に参戦する。

最高峰クラスのストック・エクストリームは、31人がエントリー。8ヶ国(フランス、イギリス、イタリア、スウェーデン、ロシア、カナダ、ベネズエラ、アルゼンチン)から13人が参戦する。

昨年まで開催されていたカワサキ・スペインが支援するカワサキ・ニンジャ・カップは、カワサキ・Z・カップに変更。20人がエントリーする。

来週末にヘレス・サーキットで開催される第3戦スペインGPにワイルドカード参戦が予定されているMoto3™クラスのホルヘ・ナバーロとマリア・エレーラ、Moto2™クラスのダニ・リバスとアレハンドロ・マリニェラレーナに注目が集まる。

Tags:
MotoGP, 2013

Other updates you may be interested in ›