初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.マルケスが史上最年少PP&優勝記録を樹立

M.マルケスが史上最年少PP&優勝記録を樹立

軽量級で9番目の史上最年少優勝、中量級で史上最年少優勝を達成したマルケスが、最高峰クラスのデビュー戦で4番目の史上最年少表彰台を獲得し後、グランプリ初開催のサーキット・オブ・ジ・アメリカズで、史上最年少のポールポジション、優勝、表彰台連取、ポイントリーダー、ファーステストラップなど次々に記録を更新した。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第2戦アメリカズGPの公式予選で史上最年少のポールポジションを奪取。決勝レースでは史上最年少の優勝を達成し、65年のチャンピオンシップにおいて、歴史的な記録を更新した。

キャリア33戦目となった2010年6月の第4戦イタリアGPの決勝レースで、ニコラス・テロール、ポル・エスパルガロ、ブラドリー・スミスとのバトルに競り勝って、17歳と109日で初優勝。125ccクラスにおける当時の史上最年少優勝ランキングで9位に進出。

キャリア50戦目、中量級4戦目となった2011年5月の第4戦フランスGPでは、高橋裕紀、ステファン・ブラドル、フリアン・シモン、トーマス・ルティを抑えて、18歳と87日で初優勝。250cc/Moto2™クラスにおける史上最年少優勝を樹立。

キャリア79戦目、最高峰クラスのデビュー戦となった2013年4月の開幕戦カタールGPで、3位に進出して、20歳と49日で初表彰台を獲得。500cc/MotoGP™クラスにおける史上最年少表彰台ランキングの4位に浮上。

キャリア80戦目となった20013年4月の第2戦アメリカズGPの公式予選で、1番時計を記録して、20歳と62日でポールポジションを獲得。ハラマ・サーキットで開催された1982年5月の第4戦スペインGPでフレディ・スペンサーが20歳と153日で樹立した史上最年少のポールポジション記録を更新。

決勝レースでは、ダニ・ペドロサ、ホルヘ・ロレンソを抑えて、20歳と63日で初優勝。スパ・フランコルシャンで開催された1982年7月の第7戦ベルギーGPでスペンサーが樹立した20歳と196日の史上最年少優勝記録を31年ぶりに書き換えることに成功。

同時に、2006年5月の第4戦中国GPでペドロサが樹立した20歳と227日の史上最年少の3クラス優勝、2008年4月の第3戦ポルトガルGPでロレンソが樹立した20歳と345日の史上最年少ポイントリーダー、1980年5月の第2戦スペインGPと第3戦フランスGPでランディ・マモラが樹立した20歳と197日の史上最年少の表彰台連取、1982年5月の第5戦ネイションズGPでスペンサーが20歳と161日で樹立した史上最年少のファーステストラップも更新した。

Tags:
MotoGP, 2013, RED BULL GRAND PRIX OF THE AMERICAS

Other updates you may be interested in ›