Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ、デスモセディチGP13ラボを実戦に投入

ドゥカティ、デスモセディチGP13ラボを実戦に投入

決勝レース後のオフィシャルテストでファクトリーライダーがテストを予定する開発中のデスモセディチGP13を、テストライダーのピロが、ワイルドカードの機会を活かして、実戦での検証を始めた。

ドゥカティ・コルセは、ヨーロッパランドの初戦となる第3戦スペインGPに、テストライダーのミケーレ・ピロをワイルドカードとして起用。開発中のデスモセディチGP13を投入した。

CRTの1年目に最高位となる5位を獲得した後、ドゥカティのテストに就任した26歳のイタリア人ライダーは、昨年11月下旬から当地で3回のプライベートテストを実施した後、3月のオフィシャルテストで総合11番手に進出。

今回、決勝レース後のオフィシャルテストにファクトリーライダーたちがテストを予定する開発中のプロトタイプマシンを先行投入して、実戦における開発と検証に着手。初日は2度のプラクティスで合計36ラップを周回して、1.340秒差の総合13番手。ドゥカティ勢のトップとなった総合7番手のアンドレア・イアンノーネから0.328秒差だった。

「他のライダーたちとのギャップは、それほど大きくないことが嬉しい。フロントにちょっとした問題があったけど、今日のようなコンディションでまだ走ったことがなかった。」

「ニューシャーシとニューエンジンの仕事に取り組んでいる。そのことが嬉しい。他のバイクを試したことがないから、比較はできないけど、月曜にはファクトリーチームのライダーたちが状況を検証するために乗ることになる」と、説明した。

Tags:
MotoGP, 2013, GRAN PREMIO bwin DE ESPAÑA, Nicky Hayden, Michele Pirro, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›