Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行1:L.サロンが1番時計発進

フリー走行1:L.サロンが1番時計発進

当地で開催されたオフィシャルテストで総合1番手だったランク2位のサロンが1番時計を記録。フォルガー、アントネリ、アジョが続き、ポイントリーダーのリンスとランク3位のビニャーレスがコンマ4秒差の5番手と6番手。渡辺は4.7秒差の33番手だった。

第3戦スペインGPのフリー走行1は3日、ヘレス・サーキットで行われ、ルイス・サロンがトップタイムをマークした。

気温15度。路面温度16度のドライコンディションの中、5週間前に当地で開催されたオフィシャルテストで総合1番手に進出したランク2位のサロンが、1分49秒台を5回、1分48秒台を1回記録。1分48秒443の1番時計を刻んだ。

ランク4位のジョナス・フォルガーは、1分49秒台を4回、1分48秒台を2回記録して、0.267秒差の2番手発進。

開幕から2戦連続して転倒リタイヤを喫したニッコロ・アントネリは、1分50秒台を3回、1分48秒台を1回記録して、0.285秒差の3番手に進出すれば、ランク13位のニクラス・アジョは、1分49秒台を4回、1分48秒台を2回記録して、0.345秒差の4番手。

ポイントリーダーのアレックス・リンスは、1分49秒台を最多の7回、1分48秒台を1回記録して、0.418秒差の5番手。

当地で開催されたオフィシャルテストで負傷した右手薬指がほぼ完治したことをグランプリ開催前に説明したランク3位のマーベリック・ビニャーレスは、1分49秒台を4回、1分48秒台を1回記録して、0.499秒差の6番手。ズルファミ・カイルディン、アーサー・シシス、エフレン・バスケス、ミゲール・オリベイラがトップ10入り。

前戦アメリカズGPの公式予選で通算6度目の転倒を喫して第四胸椎を圧迫骨折した渡辺陽向は、昨年のスペイン選手権参戦とオフィシャルテスト参加により走行経験がある当地に戻って来ると、3度のコースインで17ラップを周回。1分53秒台を5回記録して、4.713秒差の33番手だった。

Tags:
Moto3, 2013, GRAN PREMIO bwin DE ESPAÑA, FP1

Other updates you may be interested in ›