Tickets purchase
VideoPass purchase

第3戦スペインGP決勝レース:D.ペドロサが地元で今季初優勝

第3戦スペインGP決勝レース:D.ペドロサが地元で今季初優勝

2番グリッドのペドロサが単独走行で今季初優勝。3番グリッドのマルケスが、ポールポジションのロレンソを最終ラップのロレンソコーナーで抜き、レプソル・ホンダが2戦連続の1・2フィニッシュ。ロレンソが3位に入り、地元スペイン勢が表彰台を独占。ロッシ、クラッチローが続き、エスパルガロがCRT勢の最高位となる9位。16番グリッドの青山は18位だった。

第3戦スペインGPの決勝レースは5日、ヘレス・サーキットで行われ、ダニ・ペドロサが地元で今季初優勝を飾った。

気温27度。路面温度47度のドライコンディションの中、2番グリッドのペドロサは、6ラップ目にトップに飛び出すと、コンスタントに1分40秒前半のリズムを刻んで、今季初優勝、通算46勝目を飾った。

ウォームアップ走行で1番時計を記録した3番グリッドのマルク・マルケスは、ポールポジションのホルヘ・ロレンソを追いかけると、最終ラップの最終コーナー、ホルヘ・ロレンソ・コーナーでインに進入。両者が接触したが、マルケスが2位、ロレンソが3位でゴール。

5番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、単独走行で4位。4番グリッドのカル・クラッチローは5位に入り、開幕から3戦連続して、サテライト勢の最高位に進出。6番グリッドのアルバロ・バウティスタは6位。7番グリッドのニッキー・ヘイデンは今季最高位の7位。9番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソは8位。

CRT勢では、13番グリッドのアレックス・エスパルガロが、ドゥカティ勢とのバトルを展開して、今季最高の9位に進出。ブラドリー・スミス、ワイルドカードのミケーレ・ピロが続いた。

16番グリッドの青山博一は、12番手走行したが、ラスト2ラップに失速して、18位でゴールした。

ポイントランキングは、マルケスがポイントリーダーの座を堅守。ペドロサが3ポイント差のランク2位に浮上し、ロレンソが4ポイント差のランク3位に後退した。

次戦フランスGPは、2週間後の17日にルマンで開幕。19日に決勝レースを迎える。

Tags:
MotoGP, 2013, GRAN PREMIO bwin DE ESPAÑA, RAC

Other updates you may be interested in ›