初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.イアンノーネ、右前腕上がり症状の解消を目的に手術を決断

A.イアンノーネ、右前腕上がり症状の解消を目的に手術を決断

開幕から右前腕上がり症状に苦しみ、左膝を裂傷するなど体調不良を理由にオフィシャルテストのキャンセルしたイアンノーネは、万全な体調で次戦フランスGPに臨むために、バルセロナ市内の病院で手術を受けることを決断した。

エナジー・T.I.・プラマック・レーシングのアンドレア・イアンノーネは、第3戦スペインGPの決勝レースで、11番グリッドから転倒リタイヤを喫して、ランク9位から10位に後退。7日に右前腕上がり症状を解消するために、手術を受けることを決断した。

最高峰クラスのデビュー戦から9位と10位。2戦連続してトップ10入りした後、プライベートテストとオフィシャルテストにより走行経験があり、Moto2™クラスで優勝経験があるヘレス・サーキットに戻って来ると、初日総合7番手発進。

2日目のフリー走行3で、開幕から苦しむ右前腕上がり症状が発生。フリー走行4で、今季初転倒を喫して左膝を裂傷。決勝レースでは、オープニングラップで9番手に浮上したが、4ラップ目の1コーナーで転倒を喫して、今季初のリタイヤを強いられた。

「今週末に期待していた。MotoGPマシンで走り込んだトラックだから、上手く走れる自信があった。スタートは悪くなかったし、2度の転倒までは良い仕事をした。最初の転倒で身体面に問題があったけど、クリニカ・モービルのおかげで、完走できると考えた。」

「スタートは良くなかったけど、1コーナーと2コーナーで数人を抜いた。上手く走れていたから、転んでしまい申し訳ない。昨日のようにフロントから転んでしまった」と、3戦目を振り返った。

イアンノーネは、6日にヘレス・サーキットで開催されるオフィシャルテストをキャンセル。バルセロナに移動して、7日に市内の病院で右前腕上がり症状を克服する手術を受ける。

Tags:
MotoGP, 2013, GRAN PREMIO bwin DE ESPAÑA

Other updates you may be interested in ›