初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.ビニャーレスは地元で今季初優勝

M.ビニャーレスは地元で今季初優勝

プレシーズンで右手薬指を負傷したビニャーレスが、開幕から2戦連続して2位を連取した後、ホームレースで今季初優勝。今季初めてポイントリーダーに飛び出すことに成功し、キャリア初優勝を飾ったルマンに乗り込む。

チーム・カルボのマーベリック・ビニャーレスは、第3戦スペインGPの決勝レースで2番グリッドから今季初優勝。ヨーロッパラウンドの初戦でポイントリーダーに躍り出た。

46日前の3月20日、オフィシャルテスト3日目に転倒を喫して、右手薬指を負傷。バルセロナ市内の病院で顕微(けんび)手術を受けると、18日後には開幕戦カタールGPで優勝争いを展開して2位を獲得。

2戦連続2位を連取して、ポイントリーダーから1ポイント差のランク3位でホームグランプリを迎えると、走行に負傷があまり影響したいことを確認。ウォームアップ走行で週末初の1番時計を記録した後、3戦連続の1列目から3ラップ目にトップに飛び出してレースをリード。17ラップ目に赤旗が提示されたことから、トラック上の全ライダーが通過した15ラップの順位が適応され、地元で今季初優勝、通算10勝目を飾った。

「ヘレスでの優勝は、ファンの前で起きる最高のこと。レースが早く終わってしまって、ファンの前でこの優勝を楽しむことができなかったのは残念。」

「レース中はすごく快適で、終盤に向けて、コンマ数秒の余力を残していた。この優勝は、僕とチームにとってすごく良い。一緒に成長している。僕たちはポイントリーダーだけど、チャンピオンシップを考えずに、この調子で仕事を続けないといけない」と、勝って兜の緒を締めた。

Tags:
Moto3, 2013, GRAN PREMIO bwin DE ESPAÑA, Maverick Viñales, Team Calvo

Other updates you may be interested in ›