初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.ティチャー、次戦のホームレース参戦

A.ティチャー、次戦のホームレース参戦

赤旗の原因となるハードクラッシュを喫したティチャーは、グラベル上で意識を取り戻し、精密検査の結果も異常はなかったことから、その日のうちに搬送された病院から退院。2週間後のホームレースに参戦する。

CIP・Moto3のアラン・ティチャーは、第3戦スペインGPの決勝レースで、31番グリッドから20番手走行中に転倒を喫したことから、横転したグラベル上で治療を受け、ヘレス・サーキット近郊の病院に搬送されたが、ホームレースとなる次戦フランスGPには、予定通りに参戦する。

開幕戦から2戦連続して転倒リタイヤを喫した参戦2戦目の18歳フランス人ライダーは、今季初の完走を目指して、ステップ・バイ・ステップで順位を上げていたが、16ラップ目に7コーナーで今季4度目の転倒。

レースディレクションは、赤旗の提示を指示。コースサイドのメディカルスタッフ、メディカルカーが迅速に駆けつけると、意識を取り戻した後、メディカルセンターに移動。頭部を強打したことから精密検査のため、ヘレス市内の病院に搬送されたが、異常はなく、その日のうちに退院した。

チームオーナーのアラン・ブロネックは、「アランはフリー走行で大変良い走りを見せていました。大切なのは、彼の転倒が重大ではなかったことです。ホームグランプリへの参戦は問題ないでしょう」と、説明した。

Tags:
Moto3, 2013, GRAN PREMIO bwin DE ESPAÑA, Alan Techer, CIP Moto3

Other updates you may be interested in ›