初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ・チームのドビツィオーソ&ヘイデンがラボバイクを試乗

ドゥカティ・チームのドビツィオーソ&ヘイデンがラボバイクを試乗

ファクトリーライダーのドビツィオーソとヘイデンが、予定通りにオフィシャルテストで、実戦に投入されたラボラトリーバイクを初試乗。コーナーの進入と旋回が向上したことを確認。ムジェロでテストを継続する。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソとニッキー・ヘイデンは6日、ヘレス・サーキットで開催されたオフィシャルテストで、テストライダーのミケーレ・ピロが第3戦スペインGPで使用した開発中のデスモセディチGP13を初試乗し、現行型との比較テストに取り組んだ。

27ラップの決勝レースで、1分42秒台を11回、1分41秒台を15回記録して、8位でゴールしたドビツィオーソは、2台のバイクを乗り比べながら47ラップを周回。1分40秒台を15回、1分39秒台を1回記録して、0.700秒差の7番手だった。

「ニューフレームのバイクにトライすることは興味深かった。レースで使用する前に試乗の必要があるけど、まだ投入の時期は決まっていない。現行型との比較ができ、ラップタイムは悪くなかった。コーナーの進入は、特に高速コーナーで良い。これが今年の本当の変更。期待以上ではなかったけど、正しい方向に進んでいる」と、第一印象を語った。

日曜の決勝レースで、1分41秒台を15回、1分40秒台を7回記録して、7位に進出したヘイデンは、右手首に痛みを抱えながら、35ラップを周回。1分40秒台を10回、1分39秒台を1回記録して、0.819秒差の8番手だった。

「今日はすごく良かった。今の体調から沢山のことを試すことができなかったけど、ピロが走らせたラボラトリーバイクと僕のバイクを比較することが重要だった。コーナーの進入は簡単。旋回も少し良い。開発を継続するために、良い情報を提供できたと思う」と、好印象を語った。

ドゥカティ・チームは、ホームトラックのムジェロ・サーキットに移動。7日からテストを開始するテストチームに合流して、8日から2日間のプライベートテストを実施する。

Tags:
MotoGP, 2013, GRAN PREMIO bwin DE ESPAÑA, Andrea Dovizioso, Nicky Hayden, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›