Tickets purchase
VideoPass purchase

スズキが最高峰クラス復帰を目指して開発を継続

アメリカの専門誌、Cycle World(サイクルワードル)は、スズキが2014年の復帰を目指して、テストライダーの青木宣篤がツインリンクもてぎでプライベートテストを実施。エキゾーストの数から2つから1つに縮小され、フェアリングの右側に見られたスターターアクセスドアがなくなり、ヤマハM1と似たようなエンジン音だったことを報じた。

Tags:
MotoGP, 2013

Other updates you may be interested in ›