Tickets purchase
VideoPass purchase

第4戦フランスGP:Moto3™プレビュー

開幕からスペイン勢、ビニャーレス、サロン、リンスの3人がチャンピオンシップをリード。3戦目で表彰台の一角を崩したフォルガー、自己最高位を獲得したビンダーらが勢いに乗って挑戦する。

第4戦フランスGPは、ルマン-ブガティ・サーキットで17日に開幕、19日に決勝レースを迎え、マーベリック・ビニャーレスが今季初のポイントリーダーとして登場する。

開幕から2戦連続の2位を連取した後、前戦スペインGPで今季初優勝を飾ったビニャーレスは、3月の負傷が走行に影響がないことを証明。ルマンでは、昨年こそトップ走行中に転倒を喫したが、2年前にはキャリア初優勝を飾っていた。

4ポイントのランク2位、ルイス・サロンもウェットレースとなった昨年に転倒。2010年と2011年の10位が最高位だった。

前戦の転倒リタイヤにより、24ポイント差のランク3位に後退したアレックス・リンスは、昨年3位に進出して初の表彰台を獲得すれば、前戦で開幕から表彰台を独占してきたスペイン勢の一角を崩した25ポイント差のジョナス・フォルガーは、2009年に2位に進出。キャリア初の表彰台を獲得していた。

開幕から好走を見せるマヒンドラ・レーシングのミゲール・オリベイラとエフレン・バスケスは、フランスに移動する前にアルメリア・サーキットに寄って、2日間のプライベートテストを実施。

デビュー戦となった前戦で15位に進出して、初ポイントを稼いだリビオ・ロイは、9月の第14戦アラゴンGPを視野に入れ、モーターランド・アラゴンでプライベートテストを実施。3月末に当地で開催されたフランスGPにスポット参戦して、優勝を飾っていた。

4戦目を迎える渡辺向陽は、ルマンに初挑戦。過去、日本人ライダーたちが上位に進出したトラックで、まずは20以内の進出を目指す。

Tags:
Moto3, 2013

Other updates you may be interested in ›