Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:S.レディングがキャリア初の初日連続1番時計

ランク2位のレディングは、フリー走行2でキャリア初となる初日連続の1番時計を記録して、1年前ぶりに初日総合1番手に進出。ルマンを得意とするルティとシモンが続き、フリー走行1で12番手だった中上が、コンマ5秒差の4番手に浮上。エスパルガロは9番手。ラバットは転倒を喫して14番手。高橋は27番手から29番手に後退した。

第4戦フランスGPのフリー走行2は17日、ルマン-ブガティ・サーキットで行われ、スコット・レディングがトップタイムをマーク。1年ぶりに初日総合1番手に進出した。

気温18度。路面温度32度のドライコンディションの中、フリー走行1で37戦ぶりに週末最初のプラクティスを制したレディングは、1分38秒台を最多の9回記録。1分38秒283の1番時計を刻み、キャリアで初めて初日にトップタイムを連発。昨年の同グランプリ以来となる初日総合1番手に進出した。

キャリアで最初と最後の優勝を飾った当地に戻って来たトーマス・ルティは、1分39秒台を5回、1分38秒台を2回記録して、0.371秒差で午前の3番手から2番手に浮上。

フリー走行1で6番手だったフリアン・シモンは、1分39秒台を8回、1分38秒台を3回記録して、0.377秒差の3番手。

フリー走行1で12番手の中上貴晶は、1分39秒台を5回、1分38秒台を1回記録して、0.580秒差の4番手に進出。ドミニケ・エジャーター、ニコラス・テロール、マティア・パシーニ、チャビエル・シメオンが続いた。

フリー走行1で2番手だったポル・エスパルガロは、0.759秒差の9番手。シモーネ・コルシがトップ10入り。

フリー走行1で4番手のエステベ・ラバットは、9コーナーで転倒を喫して、0.920秒差の14番手に後退。

フリー走行1で27番手の高橋裕紀は、1分40秒台を3回記録して、2.303秒差の29番手だった。

Tags:
Moto2, 2013, FP2

Other updates you may be interested in ›