初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.プーチがロレンソ&マルケスの衝突を語る

スペインの一般紙、El Pais(エル・パイス)は、1995年にルマンでアクシデントに見舞われた元500ccクラスライダーで現在はペドロサのパーソナルマネージャーを務めるアルベルト・プーチのインタビューを掲載。負傷した左脚を20回以上に渡って手術を受けたことを明かし、マルケスが最高峰クラスの1年目からタイトル争いを昨年から予想していた理由を説明。

ヘレスの衝突に関しては、「勢いが反映されたアクション。ライダーは1000分の1秒で進入するかを決断する。判定するのは大変困難。ライダーの感情、自動的な決断、衝動、レースの決定的な瞬間だから、正しいパッシングを設定することは非常に困難だが、レース中にライバルを研究し、50cmのスペースがあり、進入できると思えば、考えない。誰もものごと悪い方向に向かうとは考えない」と、見解を語った。

Tags:
MotoGP, 2013, MONSTER ENERGY GRAND PRIX DE FRANCE

Other updates you may be interested in ›