初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

R.ドプニエ、3年連続の転倒後に日本に移動

R.ドプニエ、3年連続の転倒後に日本に移動

ファンの声援に応え、ホームレースでCRT勢の最高位を快走していたド・プニエだったが、2戦連続の転倒リタイヤ。気持ちを切り替え、スズキのプライベートテストに参加するため、日本に移動する。

パワー・エレクトロニクス・アスパル・チームのランディ・ド・プニエは、第4戦フランスGPの決勝レースで、12番グリッドから転倒リタイヤ。来季の復帰を予定するスズキのプライベートテストに参加するため、20日に日本に向けて出発することを明かした。

開幕から2戦連続して、ポイント圏内に進出した後、前戦スペインGPで転倒リタイヤを喫して、昨年2度の転倒で2年連続して転倒リタイヤを喫したホームトラックに戻って来ると、公式予選1で1番時計を記録して、今季初めて公式予選2に進出。

今季最高位の4列目から迎えた決勝レースでは、CRT勢の最高位となる13番手を走行中の16ラップ目に9コーナーで転倒リタイヤを喫した。

「すごく良い始まりで、アレックスの直ぐ後ろに位置。彼がはらんだ時に抜いた後、自分のリズムを刻むように努めたけど、中盤に入ってから視界を失い始めた。全く見えなくなってしまった。そして、コーナーの進入でフロントが閉じてしまい転んでしまった。前の周回より速く進入した訳ではない。ハッキリ見えなかったけど、水溜りを踏んだと思う。今日はCRT勢のトップになることができた。2戦連続の0ポイント。厳しいけど、次戦を考えないと」

「明日、スズキのテストをするために日本に行く。今日のレースを直ぐに忘れられるから、僕にとっては良い。僕にとって良い経験となる。良い仕事がしたい」と、噂されていたプロジェクトの参加を明かした。

Tags:
MotoGP, 2013, MONSTER ENERGY GRAND PRIX DE FRANCE, Randy de Puniet, Power Electronics Aspar

Other updates you may be interested in ›