初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ7連勝+ロレンソ2連勝、ムジェロからの反撃を誓う

ロッシ7連勝+ロレンソ2連勝、ムジェロからの反撃を誓う

ロッシ&ロレンソ体制で2人が表彰台を獲得できなかったのは、前戦で通算4回目。ロッシが伝説となった7連勝を達成し、ロレンソが2011年から2連勝を決めたムジェロから、反撃の狼煙を上げる。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのホルヘ・ロレンソとバレンティーノ・ロッシは、過去10年間で7勝を挙げたムジェロ・サーキットで開催する第5戦イタリアGPで、前戦フランスGPを払拭しに行く。

ロッシ&ロレンソ体制が結成された2008年から3年間で、2人が表彰台を獲得できなかったのは、僅か3戦。結成1年目となった2008年6月の第9戦TTアッセンで、ロッシは転倒後に11位、ロレンソは6位。ウェットレースとなった2009年7月の第10戦イギリスGPで、ロッシは転倒後に5位、ロレンソは転倒リタイヤ。モーターランド・アラゴンで初開催された2010年9月の第13戦アラゴンGPで、ロッシは6位、ロレンソは4位だった。

困難なレースの中でタイトル争いにとって貴重な9ポイントを稼いだロレンソは、17ポイント差のランク3位。27秒差の遅れる悪夢を払拭するため、最高峰クラス1年目の2008年こそ転倒リタイヤを喫したが、2年目から2位、2位、1位、1位。昨年は2番グリッドから独走優勝を飾ったムジェロに乗り込む。

「大きな失望に耐えたルマンの後で、ムジェロが楽しみ。僕たちにとってタフなレースだった。僕にとってグッドなトラック、ムジェロでリカバーしたい。レイアウト、高速コーナーは大好き。沢山の良い思い出があり、ポジティブな週末にしたい。」

「ヤマハにとって、ベストなパフォーマンスを得られる良い場所。唯一の弱点はロングストレート。もしかしたら、僕たちのライバルたちにとって、それがストロングポイントとなるけど、全体的にトラックは僕たちのバイクに非常に適している。待ちきれない。リズムを見つけたい。上位陣とのギャップを詰める必要があるけど、チャンピオンシップは長い。落ち着いて行く」と、焦らずに巻き返しを図って行くことを強調。

転倒後に12位でゴールしたロッシは、37ポイント差のランク5位。2008年に歴史的な7年連続の優勝を達成した後、4年前は3位、3年前は右脚脛骨骨折により欠場、2年前は6位、昨年は3位争いの末に5位に入ったホームレースで、今季2度目の表彰台を目指す。

「ムジェロに行けることがすごく嬉しい。ヤマハと一緒に戻れることが本当に嬉しい。不運にも、まだ僕たちは十分に速くないから、特にドライコンディションにおいて、バイクを改善しないと。懸命に働き、改善しないと。ムジェロは難しくなるだろう。」

「しかし、ベストリザルトを獲得するために全力を尽くそう。表彰台を獲得できれば、それは本当にナイスだ。沢山のファンがムジェロに来てくれそうだから嬉しい。ムジェロの熱狂はいつもグッドだ!」と、地元ファンの前に表彰台に挑戦することを誓った。

Tags:
MotoGP, 2013, GRAN PREMIO D'ITALIA TIM, Jorge Lorenzo, Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing

Other updates you may be interested in ›