Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッジオ・セッコ・コーナーでの接触転倒~V.ロッシの見解

スタート直後の3コーナー手前で、ロッシとバウティスタは接触転倒。レースディレクションと共にアクシデントの映像を確認した後、「これがレース」と、レーシングインシデントだったことを認めた。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのバレンティーノ・ロッシは、第5戦イタリアGPの決勝レースで、7番グリッドからオープニングラップでアルバロ・バウティスタと接触転倒。今季初のリタイヤを喫した。

スタート直後の3コーナー、ロッジオ・セッコ・コーナー手前の進入で、アウト側のバウティスタと接触。決勝レース後、レースディレクションと共にアクシデントの映像を確認した後、「スタートでポジションを2つ落とした。クラッチに問題があり、滑ってしまったから、良い始まりではなかった。」

「その後、僕は速かったからアタックを仕掛けた。アウトからバウティスタを抜きに行き、僕の意見では、彼はスペースを閉じようと加速したけど、僕は既に彼の前に位置していた。僕が見えなかった。もしかしたら、僕のことが見えなかったかもしれないけど、これがレースだ」と、レーシングインシデントだったことを説明。

レースディレクションは、ロッシとバウティスタを決勝レース後に招集。2人の意見と公聴し、ビデオを検証した結果、レーシングインシデントだったと結論。追加の処置がないことを発表した。

アルバロ・バウティスタの見解

Tags:
MotoGP, 2013

Other updates you may be interested in ›