初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

S.ブラドルが2年連続してムジェロで自己最高位タイ

S.ブラドルが2年連続してムジェロで自己最高位タイ

初日から好走を見せたブラドルが、昨年のレースを再現するように、地元のドゥカティ勢に競り勝って、2年連続して自己最高位の4位を獲得。ホームレースとなったチームとスポンサーを沸かせた。

LCR・ホンダのステファン・ブラドルは、第5戦イタリアGPの決勝レースで、2戦連続の5番グリッドから2年連続の4位。自己最高位タイを獲得して、ランク11位から9位に浮上した。

昨年8番グリッドから最高峰1年目の最高位となる4位に進出したムジェロ・サーキットに戻って来ると、フリー走行1から3番手、8番手、3番手、3番手に進出。公式予選2で2戦連続4度目の5番手に進出することに成功。

ウォームアップ走行では9番手だったが、決勝レースでは、地元のドゥカティ勢とのバトルに競り勝った。「4位に満足できる。難しいレースだった。スタートが悪く、ドゥカティ勢を抜くのに時間が必要だった。前のライダーたちとは離されていたから、ドビツィオーソとヘイデンとのギャップをコントロールするためにバトルをしなければいけなかった。」

「MotoGPでは、ポテンシャルが大きいから、スリップはそれほど重要ではない。最終コーナーの前に仕掛けて来ると考えたから、全てのスペースを閉じた。抜かれたけど、抜き返すことができた。最終コーナーで僕が彼らの前に位置できた時に、ポジションを確保できたと思った」と、2年連続してドゥカティ勢に競り勝って、ベストリザルトを獲得したレースを振り返った。

Tags:
MotoGP, 2013, GRAN PREMIO D'ITALIA TIM

Other updates you may be interested in ›