初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レプソル・ホンダのペドロサ&マルケスはホームレースに挑戦

レプソル・ホンダのペドロサ&マルケスはホームレースに挑戦

カタルーニャ州出身のペドロサとマルケスは、ポイントリーダーとして、Moto2クラス王者として、地元ファンが待つホームレースに挑戦。グッドなレースにするために、今週末も全力を尽くすことを誓った。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、ポイントリーダーとして、今週末にカタルーニャ・サーキットで開催されるホームレース、第6戦カタルーニャGPを迎え、マルク・マルケスは、Moto2クラス王者として、最高峰クラスライダーとして、地元ファンに前に登場する。

前戦イタリアGPで4戦連続の表彰台を獲得したペドロサは、ポイントリーダーを堅守。地元で迎えるキャリア通算200戦目は、2008年に優勝、昨年は2位に進出していた。

「ムジェロでの週末はデイケートだったけど、2位で終え、20ポイントはチャンピオンシップにおいてグッドなリザルトだ。イタリアから戻って来てから、少し休息でき、これからポイントリーダーとしてグランプリを迎える。タイヤに負担が大きいトラックで、右コーナーの時間が長いから、タイヤのグッドなフィーリングを持つことが大切。」

「全体的には、ナイスなトラック。特別な雰囲気に包まれる。家族と友人たちが応援に来る。ファンは素晴らしい。天候が安定して、200戦目でグッドなレースがしたい」と、抱負を語った。

前戦では初日からの連続転倒を喫し、決勝レースで今季初の転倒リタイヤを喫したマルケスは、26ポイント差のランク3位に後退。バルセロナ市内の病院で精密検査を受けた後、小さな骨折が見つかった右上腕頭部の回復向けて、フィジオセラピーを受けている。

「ムジェロで転倒した後、ホームグランプリで早くバイクに乗りたい。先週ミル医師に診察してもらったから、落ち着いた。複雑な怪我でないことを確認して、体調が100%に戻って来ている。今年も良い天気に恵まれ、3度のプラクティスを最大限に活かしたい。全員が豊富な経験があるトラックだから、難しくなるだろうけど、自分たちの道を進み、可能な限りに良くするために懸命に働こう」と、ホームレースも通常のやり方で取り組むことを説明した。

Tags:
MotoGP, 2013, GRAN PREMI APEROL DE CATALUNYA

Other updates you may be interested in ›