初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ブリヂストン、カタルーニャに左右で2ステップ違いの非対称コンパウンドを投入

ブリヂストン、カタルーニャに左右で2ステップ違いの非対称コンパウンドを投入

ブリヂストンは、トラックのレイアウトと過去のデータを基に、タイヤの右側の摩擦と発熱が厳しくなり、左側が温まり難いことから、左右で2ステップ違いの左右非対称コンパウンドを準備する。

MotoGP™クラスのタイヤサプライヤー、ブリヂストンは、今週末にシルクイート・デ・カタルーニャこと、カタルーニャ・サーキットで開催される第6戦カタルーニャGPに過去の実績と予想される気象状況に対応するタイヤを準備する。

トラックのレイアウトは、右コーナー8、左コーナー5。右の3と4コーナーは、上りで長く、12と最終コーナーは高速であることから、タイヤの右側の摩擦と発熱が厳しくなり、対照的に左の5と10コーナーのヘアピンや低中速コーナーがメインとなることから温まり難く、左右で大きなシビア差が生じることから、リアタイヤには、メディアムとハードの左右非対称のコンパウンドを投入。

ただし、左右のシビリティ差が大きいことから、左右で2ステップ違いのコンパウンドを使用。例えば、リアのメディアムの左側には、エキストラソフトのコンパウンドを、ハードの左側には、ソフトのコンパウンドを使用。

CRT勢用には、1ステップソフトなコンパウンドを準備。今回のソフトは、前回のムジェロと同じ耐熱構造のスペック。このトラックで厳しいハード側にソフトコンパウンドを使用したことがないことから、安全を考慮して、耐熱構造を投入することを決断した。

フロントは、昨年ソフトとメディアムを投入したが、気温の上昇が予想されることから、メディアムとハードに変更した。

週末及びオフィシャルテストが実施される月曜の降水確率は、非常に低いが、ウェットタイヤには、フロントとリア共にハードスペックがメインとなり、ソフトがオプションで準備される。

Tags:
MotoGP, 2013, GRAN PREMI APEROL DE CATALUNYA

Other updates you may be interested in ›