Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:V.ロッシが1年ぶりに1番時計を記録

フリー走行2:V.ロッシが1年ぶりに1番時計を記録

フリー走行1で4番手だったロッシが、1年ぶりに1番時計を記録。2009年のマレーシアGP以来となる初日総合1番手に進出すれば、ロレンソが最速リズムを刻み、ペドロサ、バウティスタ、クラッチローが続き、マルケスが9番手から6番手に浮上。左膝を負傷している青山は3.5秒差の21番手。総合22番手だった。

第6戦カタルーニャGPのフリー走行2は14日、カタルーニャ・サーキットで行われ、バレンティーノ・ロッシがトップタイムをマーク。初日総合1番手に進出した。

気温28度。路面温度49度のドライコンディションの中、フリー走行1で4番手のロッシは、1分43秒台を5回、1分42秒台を4回記録。1分42秒297で昨年6月15日の第6戦イギリスGPフリー走行1(ウェットコンディション)以来となる1番時計を刻み、ドライコンディションでは2010年10月10日の第15戦マレーシアGPウォームアップ走行以来となる最速ラップを叩き出し、2009年9月5日の第13戦マレーシアGP以来となる初日総合1番手に飛び出した。

フリー走行1を制したホルヘ・ロレンソは、1分43秒台を8回、1分42秒台を5回記録して、0.049秒差の2番手。

フリー走行1で2番手だったダニ・ペドロサは、1分43秒台を5回、1分42秒台を3回記録して、0.260秒差の3番手。

午前に転倒を喫したフリー走行1で6番手のアルバロ・バウティスタは、1分43秒台を8回、1分42秒台を4回記録して、0.455秒差の4番手に進出。

フリー走行1で3番手のカル・クラッチローは、1分43秒台を7回、1分42秒台を2回記録して、0.479秒差の5番手。

フリー走行1で9番手のマルク・マルケスは、1分43秒台を5回、1分42秒台を2回記録して、0.560秒差の6番手に浮上。

フリー走行1で、2004年6月の同大会決勝レースでアレックス・バスロスが3ラップ目に記録した最速スピード(時速339.4キロ)に到達したニッキー・ヘイデン、アンドレア・ドビツィオーソ、ステファン・ブラドルが続いた。

フリー走行1で10番手のアレックス・エスパルガロは、1分43秒台を5回記録して、CRT勢の最高位となる0.907秒差の10番手。

フリー走行1で20番手だった青山博一は、3.537秒差の21番手、CRT勢では2.630秒差の9番手だった。

Tags:
MotoGP, 2013, GRAN PREMI APEROL DE CATALUNYA, FP2

Other updates you may be interested in ›