初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レプソル・ホンダのペドロサが2連続のPP、マルケスは2戦連続の6番手

レプソル・ホンダのペドロサが2連続のPP、マルケスは2戦連続の6番手

サーキットのファーステストラップを叩き出すことに成功したペドロサは、通算200戦目となるホームレースをポールポジションから迎えれば、トップスピードの記録を書き換えたマルケスは、目標の2列目以内に進出したことを喜んだ。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、第6戦カタルーニャGPの公式予選2で1番時計を記録。2戦連続のポールポジションを奪取すれば、マルク・マルケスは、6番時計を刻み、明日の決勝レースを2列目から迎える。

初日総合3番手のペドロサは、フリー走行3で2番手、フリー走行4で1番手に進出した後、公式予選2で2008年にケーシー・ストーナーが樹立したファーステストラップ(1分41秒358)を0.465秒短縮する1分40秒893を叩き出して、前戦イタリアGPに続き、2戦連続のトップグリップを獲得した。

「すごく嬉しい。信じられないラップで、ポールポジションを獲得した。それにファンの前でサーキットレコードを突破した。レースリズムが良くなった。これが重要。明日はスタートポジションを活かして、グッドなスペクタクロを提供したい」と、会心の笑みで通算200戦目の抱負を語った。

初日9番手と6番手だったマルケスは、フリー走行3で1番手に進出。フリー走行4で7番手に後退したが、公式予選2で0.949秒差の6番手。3ラップ目には、2004年にアレックス・バロスが当地で樹立したトップスピードを更新する時速342.4キロを記録した。

「1、2列目に位置するという目標を達成した。午前は路面の温度が低い中ですごく快適に走れた。路面温度が急上昇すると少し苦しんだけど、良い仕事をした。ウォームアップ走行では、路面が暑くなる時に備えて、幾つかのことを試して、自信を得ることに役立てたい」と、2日目を振り返った。

Tags:
MotoGP, 2013, GRAN PREMI APEROL DE CATALUNYA, Dani Pedrosa, Marc Marquez, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›