初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.クラッチロー、2012年型シャーシの継続使用を決断

C.クラッチロー、2012年型シャーシの継続使用を決断

サテライト勢の最高位に進出するクラッチローが、前回のオフィシャルテストに引き続いて、2013年型シャーシをテストしたが、2012型を継続使用することを決断。課題となっているレース序盤のパフォーマンスを向上するために、フルタンクでコースインを繰り返した。

モンスター・ヤマハ・テック3のカル・クラッチローは、カタルーニャ・サーキットで開催されたオフィシャルテストで、2013年型シャーシをテスト。次戦TTアッセン以降も2012年型を継続使用することを決断した。

第3戦スペインGP後のオフィシャルテストに続き、当地で2013年型シャーシをテストする機会が与えられたが、「ファクトリーチームが拒否したシャーシを試した。使用しない決断を下した理由を理解する。僕はいつも使用するシャーシに戻す。1日中新しいシャーシを使用して、ポジティブな分野を見つけようとトライしたけど、旧型に戻すと、全てが上手く行った」と、2012年型の継続使用を宣言。

「レース序盤のパフォーマンスを改善するために、コースインの度にフルタンクで走った。中古タイヤを使用して、リザルトに満足。他のライダーたちは大量のタイヤを使用していたけど、僕たちは2本のタイヤで走った。最後には、旧型シャーシに25ラップを周回したタイヤで、最初と同じようなタイムが出たことが嬉しい」と、テスト成果を説明した。

Tags:
MotoGP, 2013, GRAN PREMI APEROL DE CATALUNYA, Cal Crutchlow, Monster Yamaha Tech 3

Other updates you may be interested in ›