初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ、上位陣とギャップを詰めに行く

ドゥカティ、上位陣とギャップを詰めに行く

前戦後にバイクを大きく変更することを要求したドビツィオーソは、ラボラトリーバイクの投入を視野に入れたが、最終的に現行型の継続使用を決断。オフィシャルテストで2番手に進出したヘイデンは、優勝経験があるトラックで上位進出を狙う。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソとニッキー・ヘイデンは、前戦カタルーニャGP後にカタルーニャ・サーキットに延滞して、オフィシャルテストに参加。デスモセディチGP13とラボラトリーバイクの比較テストに取り組み、現行型の継続使用を決断した。

オフィシャルテストで4番時計を記録したランク6位のドビツィオーソは、今週末の開催地、TT・アッセン・サーキットでは過去11年間で3位が最高位。昨年は7番グリッドから2年連続の表彰台を獲得していた。

「天候はバルセロナよりも少し涼しくなるだろう。これは僕たちにとって良い。アッセンは、僕にとってナイスなトラックではない。ここ2戦とは全くキャラクターが異なる。デスモセディチがどのような走りを見せてくれるのか興味深い。」

「バルセロナと同じバイクを使用する。アップデートされたフレームではない。アッセンではあまり幸運がなかったことを認めなければいけない。この2年間で連続して3位だったから、今回は良くしたい」と、抱負を語った。

オフィシャルテストで最多ラップを周回して2番時計を記録したランク7位のヘイデンは、2006年に優勝。ドゥカティでは、2011年の5位が最高位。昨年は2年連続の9番グリッドから6位だった。

「久しぶりに週末を家で過ごしたのはナイスだったけど、フレッシュして、ストロングに戻れる準備が出来ている。サマーブレーク前に開催される3戦のトラックが大好き。特にアッセンは、素晴らしい歴史を持つグレートなサーキット。本当に楽しい。グッドなレースをするために、バルセロナのテストで収集した情報が利用できることを期待する」と、中盤戦の緒戦となるTTアッセンからの巻き返しに向けて準備が整っていることを語った。

Tags:
MotoGP, 2013, IVECO TT ASSEN, Nicky Hayden, Andrea Dovizioso, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›