初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

中上貴晶がイタリアで左鎖骨を手術

中上貴晶がイタリアで左鎖骨を手術

シーズン序盤のパフォーマンスと比較して、初日から厳しい展開となっていた中上が、決勝レース直前の朝フリで転倒を喫した際に左鎖骨を骨折したが、手術は無事に成功。次戦ドイツGPでの復帰を目指す。

イタリトランス・レーシングの中上貴晶は30日、イタリア・ブレシア市内の病院で、第7戦TTアッセンのウォームアップ走行で骨折した左鎖骨を手術。無事に成功して、1日に退院する。

5列目13番グリッドから迎える決勝レースを前にした朝のプラクティスで、7ラップ目の16コーナーでハイサイドから今季4度目の転倒を喫した際に左鎖骨を骨折。当日にイタリアまで移動すると、翌日の朝に5センチのプレートと4本のスクリューで患部を固定する手術を受けた。

中上は、昨年21番グリッドから20位だった2週間後の次戦ドイツGPに向けて、静養と治療に専念する。

Tags:
Moto2, 2013, IVECO TT ASSEN, Takaaki Nakagami, Italtrans Racing Team

Other updates you may be interested in ›